no-ma official Instagram

no-ma

キャンプで至福のモーニングコーヒーを。本格的な味わいと香りを堪能できる「Camptime Coffee」。

キャンプで至福のモーニングコーヒーを。本格的な味わいと香りを堪能できる「Camptime Coffee」。

2021.09.07

「Campan.ink(カンパン ドット インク)」が、クラウドファンディングにて、個包装で持ち運ぶキャンプ専用コーヒー豆「Camptime Coffee(キャンプタイムコー ヒー)」を発売。開始初日で、目標金額100%達成、支援者100名を突破した。

キャンプで美味しいコーヒーを淹れたい

外で飲むコーヒーは、キャンプやアウトドアの醍醐味。中でも、まだ気温の低い朝に早起きをして、自然を満喫しながら味わう淹れたてのホットコーヒーは、何ものにも代え難い美味しさ!
キャンプのためのプロダクトを展開する「Campan.ink(カンパン ドット インク)」では、「キャンパーの、キャンパーによる、キャンパーのためのコーヒー豆」をコンセプトとした、個包装で持ち運ぶキャンプ専用コーヒー豆「Camptime Coffee(キャンプタイムコー ヒー)」を、クラウドファンディングにて発売。開始初日で目標金額を100%達成し、多くのキャンパーたちからの支持を得ている。
クラフト素材のシンプルなデザインは、さまざまなキャンプシーンにマッチ。

携帯しやすく、芳醇な香りを堪能できる「個包装」

キャンパーにとって携帯性に優れているかどうかは重要な要素。「Camptime Coffee(キャンプタイムコーヒー)」では、1杯分をコンパクトな個包装にすることで、持ち運びしやすいよう工夫。

また、酸化して味や香りに変化が出てしまうのを防ぐために、1袋ずつ脱酸素剤が入っており、パッケージを開けるその瞬間まで鮮度をキープ。キャンプ場でも芳醇な香りと味わいを堪能できる。

キャンプシーンにぴったりのコーヒー豆の量って?

一般的なドリップバッグのコーヒー豆の量は家庭用のコーヒーカップ(150〜180ml)用に作られており、キャンプブランドが出しているマグカップ・シェラカップ(300ml前後)のサイズには不向きだ。

Camptime Coffeeでは、キャンプシーンに適切な一杯分の豆の量を、ドリップバッグの約1.5倍の、15g/袋としている。

メスティンにシンデレラフィット!

パッケージサイズは、多くのキャンパーが愛用するメスティンにシンデレラフィットするように設計。スティック状の形態にすることで、コーヒー用のミルに注ぎやすい。1杯分が個包装になっているので、専用の計量スプーンはもちろん不要。

キャンプの朝を豊かに彩るオリジナルブレンド

オリジナルでブレンドしたコーヒー豆は「外でも感じられるしっかりとした香り」「目覚めの一杯としてシャキッとする味」「砂糖・ミルクいらず。ブラックのままでも飲みやすい」の3点にこだわり、東京都狛江市にある自家焙煎珈琲店「K.Base Roastery Lab.」の全面協力のもと、焙煎士と話し合い、何十杯もの試飲を重ねて生み出したそう。

ほのかに感じるナッツの甘みと、柑橘類を思わせる爽やかな後味は、昨夜の余韻が残るキャンプ2日目の朝をより豊かに彩ってくれるに違いない。
Profile

「キャンパーの、キャンパーによる、キャンパーのための コーヒー豆」をコンセプトに、携帯性、量、デザイン、豆のブレンドにこだわったキャンプ専用コーヒー豆「Camptime Coffee」を展開。クラウドファンディングでは、開始初日に目標金額をクリアし、多くのキャンパーから絶大な支持を得ている。

Information

商品名 Camptime Coffee
販売価格 応援購入価格一例
お試しパック(15g×6袋) 2,000円(税込)
※詳しくは下記ページよりご確認ください。
プロジェクトページ https://www.makuake.com/project/campan/
公式サイト https://campan.ink/
公式Instagram https://www.instagram.com/camptime_coffee/
公式Facebook https://www.facebook.com/campanink
  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • Pintarest