no-ma official Instagram

no-ma

ヴィーガンになるメリットは?初心者でも長く続けられるコツやおすすめの食材も紹介

ヴィーガンになるメリットは?初心者でも長く続けられるコツやおすすめの食材も紹介

2021.05.01

ヴィーガンとはベジタリアンの1種で、肉や魚に加えて卵などの乳製品も摂取しない人のことです。最近、日本でもヴィーガン料理を積極的に摂取している人が増えてきています。本記事ではヴィーガンの定義やメリット、続けるコツについて紹介。さらに、ヴィーガンにおすすめの食材も紹介するので、気になる人はぜひチェックしてくださいね。

ヴィーガンとは

ヴィーガンはベジタリアンと混同されがちですが、ベジタリアンの中のタイプの1つです。最近は、宗教やアレルギーなどの理由だけではなく、美容や健康のために取り入れている人も増えています。ここではそんなヴィーガンの概要を紹介します。

ベジタリアンの1種

ベジタリアンは菜食主義者の総称で、さまざまなタイプに分かれています。ヴィーガンはその中の1種。ヴィーガンは完全菜食主義者と呼ばれ、肉や魚だけでなく卵や乳製品・はちみつなども口にしません。最近はエシカルヴィーガンと呼ばれる、食だけでなく身の回りのものに対してもヴィーガンを意識する人が増えてきているようです。

海外では取り入れている人が多い

海外セレブが健康や美容のために、ヴィーガンを取り入れているというニュースを目にしたことがある人もいるのではないでしょうか。セレブに限らず海外では、美容や健康維持のために食生活にヴィーガンを取り入れている人が多く、メンタルのセルフメンテナンスにも活用されています。

ヴィーガンになるきっかけ

ヴィーガンになるきっかけは、人によってさまざま。「どうしてヴィーガンになったのか?」をヴィーガン同士で話すこともあるようです。ここではヴィーガンなった人の理由を見ていきましょう。

体調不良の問題から

度重なる体調不良を改善させる目的で、ヴィーガンにたどり着いた人もいます。ヴィーガンを取り入れることで、身体の回復の促進や持久力の向上、さらに心臓や血管の強化が期待できるという研究も。このことから、アスリートではヴィーガンを取り入れている人が多いとも言われています。

アレルギーなど体質の問題から

ヴィーガンになった人の中には、動物性のものに対するアレルギー反応が理由で、ヴィーガンを選択した人もいます。理由がわからず体調を崩していた人がアレルギーとわかり、動物性のものを排除した食生活を送っていた結果、ヴィーガンなったというケースもあるようです。

動物愛護の問題から

動物愛護や、環境保護への強い関心が理由でヴィーガンになる人も。特に動物愛護に強い関心を持つエシカルヴィーガンは、食だけでなく動物性の製品なども使用しません。動物や環境への負担を減らす目的を持って、ヴィーガンライフを送っている人が多いようです。

ヴィーガンのメリット

ヴィーガンは、動物愛護や環境問題に良い影響をもたらすことから、ライフスタイルに取り入れる人もいます。しかしヴィーガンを取り入れることによって、自分にも嬉しいメリットがあります。例えば、便秘の改善や免疫力アップなどの効果が期待できるとも。ここではヴィーガンを取り入れる3つのメリットを紹介します。

ダイエット効果が期待できる

ヴィーガンになると、カロリーが高い食品の摂取が減るため、ダイエット効果が期待できます。そもそもダイエット目的でヴィーガンの食生活を取り入れ、そのままヴィーガンになるという人も。野菜中心の健康的な食生活を送ることで、ダイエットも期待できるのがヴィーガンの嬉しいポイントです。

肌の調子が整いやすくなる

野菜中心のヴィーガン生活を送ることで、肌の調子が整いやすくなったと感じる人もいるようです。もちろん肌の調子は、食事だけではなく、睡眠の質や体質なども関係します。しかし、食生活を整えることは、肌の調子を整えることにも繋がりやすいと言えるでしょう。

腸内環境の改善を期待できる

ヴィーガンの食生活をしている人は、腸内の善玉菌が多いという研究結果もあります。少しずつ日々の食事で気を付けていくことで、腸内環境の変化が期待できるでしょう。ちなみに腸内環境を整えることで、肌の調子に良い影響があると言われています。いきなり日々の食生活をヴィーガンで徹底させることは大変かもしれませんが、コツをつかむことで持続しやすくなるでしょう。

ヴィーガンを続けるコツ

ある日突然「ヴィーガンになろう!」と思っても、ライフスタイルを急に変えるのは大変です。せっかくヴィーガンを取り入れるのであれば、長く続けたいですよね。無理なく続けるためには、コツをつかむことも大切。まずはスーパーなどで食品表示を見ることから始めるのも良いでしょう。ここでは長くヴィーガンを続けるコツについて紹介します。

始めやすいものから取り入れる

ヴィーガンの食事を始めから自分で作り続けるのは大変なこと。そこで最初は、サラダやスムージーなど取り入れやすいものから取り組んでみましょう。慣れてきたらサラダやグラノーラのバリエーションを増やしたり、カフェに行ったら牛乳を豆乳に変えたりなど、徐々に普段の食事にヴィーガンを取り入れると良いですよ。

期間を決める

最初からストイックにヴィーガンを取り入れすぎると、挫折しやすくなってしまうことも。まずは月曜日からなど、曜日を決めて始めるのも長く続けるコツです。曜日を限定するなどの、マイルールを決めてスタートするのも効果的です。しかし、最初からルールを決めすぎずに、自分のペースで始めてみましょう。

お店で食べてみる

美味しいヴィーガン料理を最初から自分で作るのは難しく、手間もかかります。まずは外食の際に、ヴィーガン料理の取扱いがあるお店を選んで食べてみることも、楽しくヴィーガンを続けるコツです。最近はヴィーガンの流行とともに、ヴィーガン料理を提供するカフェやレストランが増えていますので、利用してみてはいかがでしょうか。

続けていくと自然と選べるようになる

少しずつ自然にヴィーガンを取り入れた生活を続けていくと、意識しなくても食事や健康を気遣ったさまざまな選択ができる様になります。少しの工夫と無理のない範囲から始めることが、ヴィーガンの生活を長く続ける最大のコツと言えるでしょう。

ヴィーガンにおすすめの食材

ヴィーガンは完全菜食主義者と呼ばれ、卵や乳製品も口にしません。そのため、栄養が不足してしまうことも。なかでもタンパク質は、不足しがちな栄養素だと言われています。タンパク質を補うためには、ひよこ豆やキヌアなどの食材を積極的に食べることが大切です。

ひよこ豆

ひよこ豆は、低脂肪でタンパク質の多い食材の1つです。ヴィーガンだけでなく、筋トレ中やダイエット中の人にも食べてほしい食材です。サラダはもちろんペーストやローストにしても、ひよこ豆は美味しく食べることができます。毎日少しずつ摂取してタンパク質の摂取量をあげるようにしても良いですね。

キヌア

キヌアもタンパク質が豊富なことで有名です。火が通りやすいためサラダやスープなどアレンジしやすく、味もクセがないため、ヴィーガン初心者にも取り入れやすいおすすめ食材の1つです。

無理なく楽しみながヴィーガンを取り入れよう!

ヴィーガンは完全菜食主義者であり卵や乳製品、はちみつも口にしません。食事に制限があるため、急に始めるのはハードルが高いと感じることもあるでしょう。最初から完璧に取り入れようとするのではなく、徐々に生活に取り入れていくことをおすすめします。体や環境への良い影響も期待できるので、無理なく楽しみながら自分のペースで、ヴィーガンをライフスタイルに取り入れていくと良いでしょう。
  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • Pintarest