no-ma official Instagram

no-ma

アート展示からダンスパフォーマンスまで。福祉実験ユニット「ヘラルボニー」3周年記念エキシビジョン開催

アート展示からダンスパフォーマンスまで。福祉実験ユニット「ヘラルボニー」3周年記念エキシビジョン開催

2021.07.18

2021年7月19日(月)〜25日(日)まで、渋谷no-maにてヘラルボニー設立3周年記念エキシビジョンを開催。障害のある作家が描くアートを始め、魅力溢れるプロダクトやダンスパフォーマンスなど、「アソブ、フクシ」を体現したリアルイベントが体験できます。

HERALBONY GALLERY in Tokyo -3rd Anniversary Art Exhibition-

2021年7月19日(月)から7月25日(日)まで、渋谷スペイン坂のリアルスペース「no-ma」にて、設立3周年を迎えるヘラルボニーによる障害のある作家の異彩を発信するエキシビジョン「HERALBONY GALLERY in Tokyo -3rd Anniversary Art Exhibition- 」が開催されます。

ヘラルボニーとは?

ヘラルボニーは、福祉を起点に新たな文化を創造することを目指して活動する福祉実験ユニット。2018年7月24日に設立し、「異彩を、放て」をミッションに掲げ、障害のある作家が描いたアート作品を軸にさまざまな事業を展開。「障害」という言葉が持つイメージの変容に取り組んでいます。

作家やアートの魅力をリアルで体感できる展示

イベントでは常設展として、ヘラルボニーのブランドストーリーや、設立から3年間で実装した取り組みの発信に加え、森啓輔氏の原画作品の展示、ポップアップショップ、作家やアートの魅力をリアルに体験できるコンテンツが盛りだくさん!

「アソブ、フクシ」をバリューに掲げるヘラルボニーの魅力を肌で感じられるイベントになっています。
作家・森啓輔氏。1989年生まれ。三重県伊勢市在住。同県松阪市「希望の園」所属。 12歳のときアトリエ「HUMAN・ELEMENT」で制作を始動。17歳から油絵を始め、全国の公募展 や三重県展では毎年入選を果たす常連作家。これまでに愛知、岐阜、三重で個展を開催。国内だけでなく、ドイツ、フランス、スぺイン、中国、ベトナムといった海外のグループ展にも多数参加。

ダンスやトークセッションなどスペシャルなイベントも!

期間中、ヘラルボニーのアイテムを纏って踊るコンテンポラリーダンスのパフォーマンスや、創設メンバーである4人がヘラルボニーの創設とこれからを語るトークセッションも実施します。ブランド設立秘話やこれまでの歩みを聞ける貴重なトークセッションは必見です!

これらのイベントへの参加には別途チケットが必要となるのご注意くださいね!

ライブコマース配信決定!

ライブコマースとは?
市場の拡大に合わせて登場したライブコマースは、ライブ動画配信を通して、販売者がオンライン上でブランドや商品情報を購入者に詳しく伝えることができるため、リアルに近い購買体験を届けられるサービスとして、注目を集めています。
「no-ma」では、どこにいてもプロダクトの魅力をブランドから発信できるライブコマースを実施しています。今回は、ヘラルボニー3周年記念エキシビジョンで購入できるアイテムの中から、特にオススメのプロダクトをヘラルボニープレスより詳しくご紹介いたします。店頭に来られない方は、ぜひ7月19日21:00〜のライブコマース配信をご覧くださいね!

【HERALBONY GALLERY in Tokyo -3rd Anniversary Art Exhibition- 】概要

常設展示

会期/2021年7月19日(月)〜7月25日(日)
時間/11:00〜20:00
場所/no-ma(東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル1F)
入場料/無料
※ただし、7/22~17:00、23日~16:00、/24日~14:00は、チケットを購入いただいた方のみ。

スペシャルイベント

日時/2021年7月22日(木)13:00〜15:00(開場12:30)、7月23日(金)12:00~14:00(開場場11:30)
定員/各回30名
内容/原画展を行う作家森啓輔氏、森氏が所属する特定非営利活動法人希望の園理事長の村林真哉氏の挨拶、コンテンポラリーダンサー井出みどり氏によるダンスパフォーマンス、スタッフによるギャラリートークのほか、ヘラルボニー代表・松田崇弥氏、副代表 松田文登氏による挨拶とトークセッションなど。
※チケット購入者のみ参加可能。

スペシャルイベント

日時/2021年7月24日(土)11:00〜12:30(開場10:45)
定員/20名
内容/「ヘラルボニー創業前物語、双子と仲間の初期衝動を紐解け」と題して、“異彩”との出会いから始まったこれまでの3年間、そして今後のヘラルボニーの展望をテーマにした4人の創設メンバーによるトークセッション。
※チケット購入者のみ参加可能。

プレゼントがもらえるオンライン連動企画もチェック

<SNSハッシュタグキャンペーン>
2021年7月1日(木)~25日(日)までの期間中に、Twitter・Facebook・Instagramのいずれかで、ハッシュタグ「#ヘラルボニーと出会って」をつけて投稿した方の中から、抽選で10名様に「HERALBONY 3rd Anniversary Notebook」(非売品)をプレゼント。
ツイッターはこちらから!
<オンラインストア特別キャンペーン>
2021年7月19日(月)〜7月25日(日)の期間、HERALBONY公式オンラインストアで15,000円以上購入で、3周年限定の「HERALBONY 3rd Anniversary Notebook 」(非売品)をプレゼント。また同期間中は、携帯・パソコンのロック画面に設定いただけるアート画像「ART WALLPAPER」を購入者全員にメールでお届け。
Profile

「異彩を、 放て。」をミッションに、 福祉を起点に新たな文化を創ることを目指す福祉実験ユニット。日本全国の障害のある作家とアートライセンス契約を結び、4,000点以上のアートデータを軸に作品をプロダクト化するアートライフブランド「HERALBONY」、建設現場の仮囲いに作品を転用する「全日本仮囲いアートミュージアム」など、福祉領域の拡張を見据えた多様な事業を展開。社名「ヘラルボニー」は、知的障害がある両代表の兄・松⽥翔太が7歳の頃に⾃由帳に記した謎の⾔葉。そのため「ヘラルボニー」には「⼀⾒意味がないと思われるものを世の中に新しい価値として創出したい」という意味を込めている。
イベント HERALBONY GALLERY in Tokyo -3rd Anniversary Art Exhibition- 
開催期間 2021年7月19日(月)〜7月25日(日)
営業時間 11:00~20:00   
ライブコマース配信 https://www.lotuslotus.tv 7/19 21:00から生放送!
 場所 「no-ma」
住所 東京都渋谷区宇田川町13-17 ライズビル1階
アクセス 渋谷駅ハチ公口から徒歩5分
  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • Pintarest