no-ma official Instagram

no-ma

初心者でも簡単に始められるハンドメイド! おすすめの販売方法や注意点も紹介

初心者でも簡単に始められるハンドメイド! おすすめの販売方法や注意点も紹介

2022.08.31

ハンドメイドは「挑戦してみたいけどハードルが高い」と感じる人もいますが、初心者でも気軽に始められるジャンルもあります。シンプルで易しいものから複雑で難しいものまで、さまざまです。そこで本記事では初心者が簡単に始められるハンドメイドジャンルを紹介。併せて、制作した作品の販売方法や販売を成功させる秘訣、注意する点についても解説します。

初心者でも簡単に始められる! おすすめのハンドメイドジャンル

www.shutterstock.com

ここではハンドメイドを始めてみたい人やすきま時間を利用して取り組みたい人に向け、比較的簡単にできるおすすめのハンドメイドジャンルを紹介します。自分がどのジャンルに向いているかイメージしてみましょう。

おすすめ①アクセサリー

アクセサリーはハンドメイドの定番ジャンルです。特に「イヤリング・ピアス」「ネックレス」「ブレスレット」は、高度なスキルがなくても制作できます。
材料はビーズやレジンなど使用したいものを用意しましょう。アクセサリーを作るのに使用する材料や工具は、ハンドメイドショップやネットショップで購入できます。種類や個人差はありますが、シンプルなものだと30分ほどで制作できるでしょう。

おすすめ②ハーバリウム

透明な瓶の中に花とオイルを入れたハーバリウムは、見た目が華やかなのでインテリアフラワーとして人気があります。用意するものは、花材と瓶、ピンセットと専用オイルの4つです。制作時間は約1時間と、比較的短時間で手作りできるジャンルです。

おすすめ③ベビー用品

「スタイ」や「おむつポーチ」などのベビー用品も、初心者におすすめです。おむつポーチはゴミ袋などを入れられる内ポケットを付けたり、ベビーカーのフックにかけられる持ち手を付けたりと、ちょっとしたひと工夫をすると、利便性が高まります。
材料は布やファスナーで、ミシンやハサミなどを使って作ります。シンプルなベビー用品なら、1時間ほどで制作できるでしょう。

おすすめ④スマートフォンケース、スマートフォンショルダー

ハンドメイドなら、スマートフォンケースやショルダーも自分好みのものを作れます。定期的に交換する人も多いので、なかなか好みのデザインが見つからない人はハンドメイドに挑戦してみてはいかがでしょうか。
作り方はスマートフォンケースに好きなパーツをつけるだけ。例えば手持ちのスマートフォンのカラーを活かすなら、透明のスマートフォンケースにレジンやレザーなどで飾ります。
レジンにはUVレジンと立体的なデザインを固められるエポキシレジンの2種類ありますが、初心者にはUVライトを5分ほど照射するだけで硬化する、UVレジンがおすすめです。
ショルダーの材料は厚手の布とひもを用意し、ミシンを使うとシンプルなものなら30分ほどで作れます。

おすすめ⑤布小物、刺繍

ティッシュケースやバックなど、手縫いやミシンなどで作る布小物もハンドメイドの定番ジャンルの一つ。布小物に刺繍で模様や絵を描いた作品も人気です。
刺繍はさまざまな方法がありますが、基本的には布と刺繍針、刺繍糸があればでき、出先のすきま時間などでも制作を進められます。作品によっては時間のかかるものもあり、コツコツとした作業が好きな人におすすめです。

ハンドメイド作品を販売する方法

ハンドメイド作品の制作に慣れてきたら、自分の作品を専門サイトやフリマアプリ、自分のネットショップで販売することもできます。ここでは3つの方法を紹介します。

ハンドメイド販売専門サイトで販売する

ハンドメイド販売の専用サイトのため、購買意欲が高いユーザーへアプローチできます。ハンドメイド作品を探している多くのユーザーに自分の作品を見てもらえるでしょう。
しかし、購買意欲が高いユーザーへアプローチできる一方で、多くの作品が出品されているため、自分の作品が埋もれてしまうこともあります。専門サイトで売上を上げるためには、作品にトレンドを取り入れたり、クオリティの高い写真を掲載したりといったさまざまな工夫が必要です。

フリマアプリで販売する

フリマアプリでは、リユース品だけでなくハンドメイド作品も販売できます。スマートフォンがあれば誰でも手軽に販売でき、ユーザー数の多いアプリに出品すれば、多くの人に作品を見てもらえるはず。
ただし、ユーザー数が多い分競合も多く、出品するだけではなかなか売れないこともあります。競合の少ないジャンルを選んだり、作品の独自性を高めたりすると売上につながりやすいでしょう。

ネットショップを立ち上げて販売する

独自のネットショップを立ち上げれば、自分の作品を自由に販売できます。サイト自体の世界観を自分好みのものにできるため、オリジナリティを出しやすいメリットがあります。しかし開設のための手続きや準備、運営のための集客など、すべて自分でやらなければなりません。
手順が不安な人は、ネットショップ作成サービスの利用がおすすめです。専門知識がなくても、クオリティの高いネットショップを開設し運営できます。
代表的なネットショップ作成サービスにShopifyがあります。初期費用がかからず、月額課金制で利用でき、個人で開設可能なため、副業でも始めやすいのがポイントです。

ハンドメイド作品の販売を成功させる秘訣

ハンドメイド作品はトレンドを把握して制作しましょう。その後、SNSを活用し、魅力的な写真でアピールすると販売を成功させられるでしょう。ハンドメイド作品の販売を成功させる秘訣を紹介します。

トレンドを把握して制作する

アクセサリーや布小物など競合が多いジャンルは特に、最新のトレンドをつかむことが売上アップのコツ。SNSやハンドメイドマーケットを日常的にチェックし、作品にトレンドを取り入れていきましょう。

SNSを活用して商品の宣伝を行う

作品をより多くの人に見てもらうため、積極的にSNSを活用しましょう。特に写真を共有するInstagramは作品の宣伝にぴったりのSNSです。InstagramはShopifyなどのネットショップサイトと連携させることも可能です。

魅力的な写真で作品をアピールする

ネット販売において写真はとても重要な要素です。その良し悪しで商品の売上が左右されることがあります。閲覧者に作品の詳細が伝えられるように、ディテールやサイズ感が分かる写真を用意しましょう。
具体的なイメージを湧かせることで、購買意欲を刺激します。作品がおしゃれに見える写真であることもポイントです。映えを意識し、ライティングや写真の構図を工夫してみてくださいね。

ハンドメイド作品の販売で注意すること

ハンドメイド作品を販売するときは、他者のレシピの模倣や著作権には十分に気を付けなければなりません。また商品を発送する際の手紙の同梱も要注意。最後にハンドメイド作品の販売で注意することを紹介します。

他者のレシピを模倣しない

他者や、他店作品のデザインやレシピを模倣するのはモラル違反です。自分のアイディアが詰まった作品が、無許可で模倣されてしまうと良い気分にはならないですよね。オリジナリティのある作品を制作し、販売しましょう。

著作権を順守する

他人の著作物を無断で利用すると、原則として著作権の侵害に該当し、懲役刑や罰金刑を課せられる場合があります。商用利用が禁止されている素材の使用や、既存のキャラクターやブランドロゴなどが入った素材の使用、特定のキャラクターなどを想起させるような作品の制作などの行為は著作権法違反にあたります。
また、市販の手作りキットを用いて制作した作品の販売も著作権法違反行為です。図案に著作権が発生するため、キットを使った作品は商用化してはいけません。気を付けましょう。

封をした手紙や領収書の同梱はNG

作品を購入者に送付する際、封をした手紙や領収書は同梱NGのため気を付けましょう。手紙や領収書を封をして宅急便に同梱することは、郵便法で禁止されていて、法律に抵触する行為です。
作品を購入してくれた人へ感謝の気持ちを伝える手紙を送付したい場合は、封をせずに荷物に同梱するか、封をした手紙を郵便で別途送りましょう。

ハンドメイド作品販売にチャレンジしてみよう

www.shutterstock.com

初心者でもハンドメイド制作は簡単に始められます。オリジナリティのある作品を制作できたら、多くの人に喜んでもらえるよう販売に挑戦するのも良いですね。ハンドメイドの販売方法はさまざまありますが、ネットショップ販売サービスを利用すれば、初心者でも販売を始めやすいでしょう。ハンドメイドの制作から販売まで、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
  • Facebook
  • youtube
  • Instagram
  • Pintarest