no-ma official Instagram

no-ma

「フェムテック」が注目される理由とは?女性の痛みや生きづらさを解決し、快適に過ごそう

「フェムテック」が注目される理由とは?女性の痛みや生きづらさを解決し、快適に過ごそう

2021.05.20

フェムテックとは、生理などの女性特有の悩みやライフスタイルをサポートするサービスや商品のこと。Female (フィメール)とTechnology(テクノロジー)を掛け合わせた造語でもあり、今話題のキーワードでもあります。今回はフェムテックの意味や注目される理由、おすすめの商品やサービスまで併せて解説します。

フェムテックとは

海外で話題となり市場が急拡大しているフェムテック。最近は日本でも取り上げられることが多くなってきたキーワードの1つです。ここでは、フェムテックとは何か、そして注目されている理由について紹介します。

女性の悩みに寄り添ったサービスや商品のこと

女性特有の問題や課題を解決するためのテクノロジーを、フェムテックと言います。FemaleとTechnologyを合わせた造語で、女性が抱える問題を快適に解決するための商品(製品)やサービスの呼び名です。近年よく耳にするBeautyTech(テクノロジーを活用し生まれた美容製品やサービスのこと)とも近しい領域で、女性に特化したヘルスケア分野です。

フェムテックが注目される理由

女性特有の悩みや問題が少しずつ可視化されつつあることが、フェムテックが注目されている理由の1つです。近年、タブーであった女性特有の問題を恥じることなく受け入れ、前に進んでいこうという潮流があります。多くの女性が声をあげて生まれた#metoo運動も後押ししているとも。#metoo運動とは、女性が平和に自分らしく活躍していくための運動のことです。
また、テクノロジーの進化も追い風となりました。さまざまなテクノロジーが、課題の根本的な解決策を導き出してくれます。例えば、女性が持つ特有の悩みをデータ化し、より適切な治療法を提案できるようになり注目されています。

フェムテック市場の3つのカテゴリー

女性の年齢やステージ、悩みなどに合わせて大きく分けると、フェムテックは3つのカテゴリーに分類できます。ここでは、カテゴリー別に詳しく紹介します。

月経ケア

多くの女性が抱えている月経の悩み。周期の乱れやつらい痛み、PMS、不正出血、月経前のイライラなど、その種類は多岐にわたります。そんな生理中のさまざまな悩みを少しでもやわらげてくれるのが月経ケアです。生理周期のトラッキング管理やPMS対策、ピルの活用方法、吸水ショーツや月経カップなども月経ケアのカテゴリーに分類されます。

セクシャルウェルネスケア

においや蒸れ、生理用品によるかゆみなどデリケートゾーンの問題を始め、性交痛の悩みなどはセクシャルウェルネスケアです。特に30代後半を過ぎてくると女性ホルモンが減少し膣の不快な症状が出やすいため、性交痛を感じやすく悩みを抱えてる女性も少なくないと言われています。セクシュアル・ヘルス分野への認識の変化が今、正に起きているところです。

不妊・妊よう性・妊娠・産後ケア

ホルモンバランスの乱れや子宮収縮による痛み、産後の尿もれなど妊娠・産後によって引き起こされる悩みや、妊活相談、卵子凍結サービス、妊よう性にかかわるホルモン検査などがこちらのカテゴリーに分類されます。現在では不妊に対して、精子の濃度と運動量を可視化できるアイテムもあり、さらなる拡大を遂げているカテゴリーでもあります。

おすすめのフェムテックアイテム紹介

我慢ばかりしてきた女性特有の不快感。選択肢を知らないために、不快感があっても我慢するしかなかったのが現状です。そんな不快感は便利なアイテムで軽減していきましょう。ここでは、今使いたいおすすめのフェムテックアイテムを紹介します。

「生理」に関するフェムテックアイテム

新しい生理用品として月経カップが注目されています。シリコン製のカップで、折りたたんで膣内に挿入して使うのが月経カップです。またナプキン不要の吸収型サニタリーショーツも進化を遂げています。防水シートや吸収シートを何層にも重ねているため、ナプキンを装着しなくてもナプキンの代わりにショーツが経血を吸収。多重構造で漏れを防止し生理の時もナプキンいらずで、不快感を軽減してくれますよ。
つらい生理時に使えるさまざまなアイテムが増えることで、自分の体調やその日の予定に合わせて選択できるようになります。また生理周期に合わせたスキンケアも登場しているので、生理時に起こる肌荒れの悩みにも対応できるでしょう。

「妊娠・産後」に関するフェムテックアイテム

産後の骨盤底筋の衰えによって起こりやすい尿もれには、膣トレがおすすめです。骨盤底筋を鍛えるにはヨガやエクササイズなどの運動が効果的ですが、なかには運動が苦手な人も多いですよね。そんな人にぴったりなのが、エルビーの「骨盤底筋トレーニングデバイス」です。
こちらはデバイスを膣内に入れ膣トレができるアイテムで、専用アプリと連動してトレーニングの度合いが測れます。また母乳の搾乳は、働く女性にとって大きな負担となっている悩みですが、効率の良い搾乳をサポートする「リル・マッサージブラ」も登場しています。

フェムテックおすすめの便利なサービス

女性特有の悩みや問題解決に向けてサポートしてくれる、便利なサービスも続々と登場しています。ここでは、ぜひおすすめしたい3つのサービスを紹介します。

日本のフェムテックで先駆者的な存在「ルナルナ」

月経周期管理アプリである「ルナルナ」。排卵日を予測したり妊娠しやすい時期や妊娠しづらい時期も管理できます。また週数に合わせた妊娠中のアドバイスも可能で、婦人科に特化したオンライン診察も開始しています。日々入力しているデータはそのまま医療機関でも使え、受診や医師への相談が可能となりました。日本で最も知名度が高く使われている月経周期管理アプリでもあり、パーソナルヘルスレコードのデジタル化の先駆け的な存在でもあります。 

フェムテックを前向きな気持ちで取り入れる「sai+」

サプリメントや低用量ピルをサブスクで提供している「sai+」。生理周期のリズムに合わせたクリニカルアプローチを提案してくれるサービスです。低用量ピルは避妊効果に優れているとも言われており、また女性ホルモンをコントロールすることもできるため、生理痛や生理不順の改善などにも期待できると注目されています。
生理周期に合わせたリズムスキンケア商品などもあり、ウェルネスを重視した生活を推進しています。クリニックフォアとの共同開発で作られているため、こちらもオンライン診療が可能なサービスです。

フェムテックのはじめの1歩をサポートする「F check 」

卵巣年齢は実年齢に比例するものではないと言われています。そんな卵巣年齢を、セルフチェックできるサービスを提供しているのが「F check 」。妊活や不妊治療の始めの1歩を踏み出すのに最適なサービスで、自宅で手軽に検査できると話題です。
日本初の検査キットで、たった0.1ミリの血液採取から卵巣の年齢を確認できます。自宅で採取した血液は、高精度を誇る検査センターで分析。卵巣年齢を知ることで妊活しやすくなると人気のサービスです。

フェムテックを活用し、より快適な日々を過ごそう!

遅れながらも日本でも少しずつ拡大しつつあるフェムテック市場。テクノロジーの力で、女性がより生きやすい世の中となるのを後押しをしてくれます。フェムテックを利用しながら、痛みや不快感を我慢せずに、快適な日々を過ごしましょう。
  • Facebook
  • twitter
  • Instagram
  • Pintarest